思春期ニキビ体験

 

僕の顔ニキビの原因と生活習慣の影響

私はほぼ顔を中心にニキビが出来てしまいました。
中学の二年くらいからニキビがひどかったので、ちょいちょいステロイドのある薬を皮膚科なんかに言って解決していました。
※ステロイドはお勧めしません。使用の際は医師に相談して下さい。

 

今となっては20になったのでほとんど消えてきたのですが、それでも大人ニキビといった形で再発しました。また中学二年のころと同じように、顔周りを中心に再発しました。
皮膚の油が詰まることが原因で発生するといわれているニキビが大人になってまた出てきました。

 

この時期に出るのはきついです。私自身男性であるため、男性ホルモンの関係があるのは分かりますが、それにしても大きく発生しました。そのホルモンバランスが崩れる生活をしていたのだということが、病院の診察でよくわかりました。

 

解決するにはまず、その習慣から見直さなければならないことを知りました。
その生活習慣の乱れとは具体的に何なのだろうか。

 

まず、皆さんが思いつくであろう睡眠不足です。
皮膚の回復する時間というのは22時から2時と言われています。この時間帯は必ず起きていました。しかし、今までこの時間内に寝ているときはそんなに発症していなかったことにも気づきました。なので、改善する一つの方法として、まずは睡眠時間の見直しはしましょう。

 

その他にはストレスです。
これは食生活の乱れからも感じていたのかもしれません。食べる時間をずらしたり、沢山ラーメン難度の炭水化物を偏りのある者ばかり摂取していたからということもあってものすごく悪化していたことにも気づきました。

 

ですので、ひごろのじぶんの生活習慣の見直しがニキビに対しての改善策となります。
そんな事ないといってそのままの生活習慣を頑固に続けていたとしたら、大人ニキビはしみになったりニキビ跡になったりしていたかもしれません。

 

ですので、最低限の生活習慣を守ることで解決していきましょう。
そうすることで顔の脂の蓄積によって赤みが出来ることもなくなります。