お尻 ニキビ対策

 

人には相談しにくいお尻ニキビの改善法

顔と同じように皮脂が活発に分泌される部分は体でもニキビができてしまいます。
ニキビができるメカニズムはどこも同じで、皮脂や古い角質などが毛穴に詰まるとそこにアクネ菌が繁殖してしまって、ニキビになってしまいます。

 

背中やデコルテなどは体の中でもニキビができやすく、しっかりとお風呂で洗っているという方も多いでしょう。しかし、見落としがちなのがお尻です。
背中ほどではありませんが、お尻も意外と皮脂の分泌が多く衣類で蒸れやすいため、毛穴が詰まってしまいます。

 

日常生活では椅子などに座る時間も多いことでしょう。
座る時に体のバランスを取っているお尻には相当の付加がかかっています。

 

体には防衛機能が備わっていて、付加がかかると肌を守ろうとして角質を厚くしてしまいます。
そのため、厚くなったお尻の肌は角質がたまった状態となり、乾燥しやすく毛穴も詰まりやすいのです。

 

この二つの原因を取り除くことで、お尻ニキビをきれいにしていけます。
まずは、蒸れやすい状態を改善してあげるためには、締め付けの緩い下着や洋服を身に着けましょう。また、素材も吸収性や通気性の良い天然素材が向いています。

 

そして、厚くなっている角質をしっかりと取ってあげるのが効果的です。
お風呂に入った時に時々角質ケアをしてあげると角質がたまりにくくなり、毛穴詰まりを予防できます。毛穴に詰まった汚れをきれいに取り除くためにも、顔を洗顔する時と同じ要領で、たっぷりの泡で優しく洗うのがコツです。

 

角質が厚くなっていると肌がざらざらとしてこすって洗いがちですが、これはニキビの悪化にもなりますし、さらに肌にダメージを与えてしまって角質が厚くなってしまいます。柔らかい素材のタオルで優しく洗うか、手で丁寧に洗いましょう。

 

そして、乾燥しやすいお尻はしっかりと保湿ケアをしていきましょう。
ボディ用のローションや高保湿なボディ用ジェルなどを用いて、肌の乾燥を防ぐのが大切です。
ボディのニキビケア用化粧品もたくさんありますから、上手く活用していきましょう。