さようならニキビ顔

 

大人ニキビと思春期ニキビからさようならしたい!その治療法や対策

思春期の頃から大人になっても悩む方が多いニキビ。
化膿したようなひどい状態のニキビ、真っ赤なニキビが沢山ある、白いニキビもある、痛みや腫れがあるニキビ等のニキビの状態は様々です。

 

大人ニキビ、思春期のニキビの対策とは?

思春期のニキビは、皮脂分泌が多い春から夏にかけて出てきます。
治す対策としては、皮脂対策、肌を常に清潔に保つことが必要です。
大人ニキビは、季節関係なくいつでもできるのが特徴です。
乾燥によるターンオーバーの乱れが原因でもあるので十分な保湿と角質除去で改善されます。

 

大人ニキビと思春期のニキビの違い

ニキビには様々ですが、思春期のニキビと大人ニキビもアあります。
思春期のニキビは、その名前の通り若い世代にできます。主に十代に多く、皮脂の過剰分泌が原因です。

 

出来る箇所は、顔全体にでき、特に皮脂分泌が過剰な鼻や顔等のTゾーン辺りに出来ます。
顔以外では、胸の中央部など皮脂の多い部分にできるのが特徴です。

 

大人になってニキビってできるの?と不思議そうな顔をする人もいますが、できるのです。
大人ニキビは、古くなった角質がはがれずに毛穴にたまる為に発生します。
生活習慣の乱れ、ストレス、ホルモン、体調の不良等が原因です。

 

出来る箇所は顎から頬の顔のラインにできるのが特徴です。
また背中やお尻などの部位にもできてしまいます。

 

効果的なニキビの治療法は

ニキビの治療方法は、皮膚科、美容整形等、薬局の薬等で様々です。
ニキビを治療するのに最善の方法は、身体の内面から治す事が一番です。

 

大人ニキビは主に生活習慣、ストレスが原因です。ホルモンの治療をしながら皮脂量を抑えてから外用治療法を行うのが効果があります。
皮脂量を減量させるには、ピル、偽似ホルモン剤を使用し外用クリームでは、女性ホルモン軟膏やビタミンC誘導体、ポロポリスの配合、等で治療します。

 

美容クリニックでは、レーザ、ケミカルピーリングを行っているところもありますが、まずは身体の内面を整えてからケミカルピーリングを行う方が肌にも優しいです。

 

病院へ何度も足を運び、薬もいろいろ試してみる事が自分に必要なものがわかります。
これだけと言えるのは、ステロイド剤が配合されているものは、あまりお勧めしません。
自己判断でなく医師の判断に従って使用しましょう。

 

日常でできる簡単なニキビ対策

 

ニキビを治す為に、まず簡単にできる対策といえば、食生活の改善です。
食の欧米化によってお肉類や、ジャンクフード、お菓子類などを食べるとニキビができやすくなります。ビタミン類の栄養を摂るために、野菜や魚など和食中心を心がけましょう。

 

また日頃の洗顔も非常に大切です。
ニキビは皮脂の詰まりなどを取り除く必要がありますが、
やり過ぎると乾燥肌になり更に皮脂が詰まりやすくなるので注意が必要です。

 

ニキビを治すための洗顔とは、石鹸や洗顔料で刺激の少ない無添加のものを選び、よく泡立てて優しく洗顔することが重要です。
洗顔後は、よく洗い流して保湿することが肝心。

 

洗顔後や体を洗った後は、肌が乾燥しがちになりますので、化粧水や乳液、ボディーローションで保湿することが大切です。
ニキビ肌は、顔の脂が多い方が悩まれているかと思いますが、実際に乾燥肌であるケースが大半です。

 

ニキビを作らない為にも、肌を潤わすことを常に意識しましょう。
顔だけでなく背中ニキビやお尻ニキビに関しても、入浴後はしっかりと保湿することが肝心。
いまでは、ニキビ専用の洗顔料だけでなかく背中ニキビ専用の保湿ジェルなどもあるので、そういったスキンケアを使うことをオススメします。

 

ニキビは、ストレスを溜めないことや食生活を改善させること。
そして洗顔や体の洗い、その後しっかりと保湿することが日常でできる簡単なニキビ対策となります。

 

 

 

顔と同じように皮脂が活発に分泌される部分は体でもニキビができてしまいます。
ニキビができるメカニズムはどこも同じで、皮脂や古い角質などが毛穴に詰まるとそこにアクネ菌が繁殖してしまって、ニキビになってしまいます。

 

背中やデコルテなどは体の中でもニキビができやすく、しっかりとお風呂で洗っているという方も多いでしょう。しかし、見落としがちなのがお尻です。
背中ほどではありませんが、お尻も意外と皮脂の分泌が多く衣類で蒸れやすいため、毛穴が詰まってしまいます。

 

日常生活では椅子などに座る時間も多いことでしょう。
座る時に体のバランスを取っているお尻には相当の付加がかかっています。

 

体には防衛機能が備わっていて、付加がかかると肌を守ろうとして角質を厚くしてしまいます。
そのため、厚くなったお尻の肌は角質がたまった状態となり、乾燥しやすく毛穴も詰まりやすいのです。

 

この二つの原因を取り除くことで、お尻ニキビをきれいにしていけます。
まずは、蒸れやすい状態を改善してあげるためには、締め付けの緩い下着や洋服を身に着けましょう。また、素材も吸収性や通気性の良い天然素材が向いています。

 

そして、厚くなっている角質をしっかりと取ってあげるのが効果的です。
お風呂に入った時に時々角質ケアをしてあげると角質がたまりにくくなり、毛穴詰まりを予防できます。毛穴に詰まった汚れをきれいに取り除くためにも、顔を洗顔する時と同じ要領で、たっぷりの泡で優しく洗うのがコツです。

 

角質が厚くなっていると肌がざらざらとしてこすって洗いがちですが、これはニキビの悪化にもなりますし、さらに肌にダメージを与えてしまって角質が厚くなってしまいます。柔らかい素材のタオルで優しく洗うか、手で丁寧に洗いましょう。

 

そして、乾燥しやすいお尻はしっかりと保湿ケアをしていきましょう。
ボディ用のローションや高保湿なボディ用ジェルなどを用いて、肌の乾燥を防ぐのが大切です。
ボディのニキビケア用化粧品もたくさんありますから、上手く活用していきましょう。

 

 

思春期であろうと大人であろうと毛穴のつまりによって結局はニキビが出てきてしまいます。
ニキビが主にできてしまうのは顔や背中中にはその他の場所なんてこともあると思います。

 

私は顔はもちろんの事背中にも多くのニキビが出来ています。
困ったことに背中なんかには鏡を見てもケアしにくいということもあり、中々治しづらいということがあります。

 

男性ホルモンが活発になるとよく発生するといわれているから、男性だけが悩むのではないかと思われるかもしれませんが、そんなことはなく女性でもなってしまうことはあります。

 

女性にも少量であれ男性ホルモンも含まれているからです。
ニキビかどうかは綿棒なんかで押したときに痛みが生じたとき、痛みが出たらニキビだと判別できます。

 

こうして判別したら後は治していくだけです。
しかし間違った方法を実践してはいけません。

 

その間違った方法というのが、ニキビをつぶすことです。
昔からつぶせば治るという噂みたいのがあるらしいですが、そんなことはないです。

 

気になるのは分かりますがそんなことをしてしまってはより増えたりばい菌をむしろ繁殖させてしまう可能性があります。後は私もよくやっていたのですが洗顔のやりすぎです。

 

これに関しても何度も洗顔ばかりしても決して早く治るということは無いです。
皮脂というものが荒いおちていしまい、むしろ肌が敏感に反応して、ニキビを増殖させてしまうからです。

 

女性なんかはメイクによってファンで軟化で刻してしまうと逆に色濃く出てしまう可能性があるのでなるべくやめましょう。

 

もしフェイスラインで気になるという方にはメルラインという無添加の薬品を使うといいです。
私も数多くニキビの薬用クリームなんかを試したのですがどれもダメでした。
しかし、この薬だけは使っていて効果の現れ方が違いました。

 

このメルラインという製品にはニキビ金に対処する菌がすべて高濃度で配合されていて、顔に浸透しやすいです。つるつるな肌にしたいならぜひ買うといいと思います。

 

 

ニキビ対策を行う時の基本としては、洗顔と保湿によるスキンケアを徹底する事が有効であり、ニキビは皮脂汚れ等が毛穴に詰まって細菌と結びつく事で発生するリスクが高くなりますから、汚れを落とす事は重要ですし、乾燥した肌ではバリア機能が働かないですから保湿作業を行う事が必要です。

 

女性は特に化粧を行う方が多いですから、クレンジングでファンデ―ションを落としてから洗顔料を使い、洗顔直後には保湿ケアを行う事がニキビ対策として有効になります。

 

ただし、敏感肌の場合は注意が必要であり、化粧自体も刺激になりますし、洗顔料や保湿化粧水等も肌への刺激となってニキビや肌荒れ原因になってしまうものです。

 

肌のバリア機能が働いていない状態ですから敏感肌は僅かな刺激でも過敏に反応してしまいますから、敏感肌から来るニキビ対策は慎重な対応が必要であり、場合によっては化粧も洗顔料も化粧水も使わずに肌本来の機能を回復させる事も必要になるでしょう。

 

敏感肌原因は様々ですから状況次第で対応を変える必要があり、体の内側からの原因としてはアレルギーやアトピー等の遺伝的体質や内臓の影響、栄養やホルモンバランスの乱れといった要素や、体の外側からは肌と相性の合わない衣類の着用や化粧品の使用、外気温や湿度等も関係しています。

 

内外様々な原因が絡み合って肌は保湿力を失い、結果的に敏感肌になってしまうとニキビや肌荒れ全般が起こりやすくなりますから、敏感肌原因をつきとめた上で内外からケアを行う事が必要です。

 

肌は水分や皮脂バランスが整った状態にすれば敏感肌が治り、外部からの刺激に強くなって細菌の侵入や増殖を防ぎ、ニキビ発生や悪化も無くなっていきます。

 

敏感肌の場合は保湿力を高めるケアを行う時に合わないスキンケア商品を使うと逆効果ですから、専門の医師等のアドバイスを受けながらスキンケアを行っていく事が必要であり、日常生活でも空調の調整や食生活等の生活習慣の改善を行って対応していく事により、敏感肌やニキビの対策を効果的に行なえるものです。

 

 

私は14歳頃からニキビと付き合ってきた現在39歳の男性です。
今までニキビについて調べ、実践してきた事などを踏まえ最善のニキビ対策について書いていきたいと思います。

 

まず基本中の基本ですが、実は1番大事でなかなか完璧にこなすのが難しい洗顔についてです。
色々試しましたが結局洗顔一つで、人から「かわいそう」と言われた程のニキビが改善しました。

 

ニキビで悩まれている方ならご存知でしょうが、肌を清潔に保つのが1番大事です。
何を今更と思われるかもしれませんが、私も皮膚科の先生に何度も言われ嫌になった経験があります。

 

そしてこう説明されます。「不潔なのも良く無いが洗い過ぎも良くない」と・・・朝と夜の2回欠かさず洗顔しているにも関わらず、病院に行く度に言われました。

 

肌の状態を見て洗い方や洗顔料を変え、同じトラブルを持つ人の話を聞き努力しているにも関わらずです。そんな私に転機が訪れ劇的に症状が改善しました。

 

当時セカンドオピニオンという習慣がなく近所の病院の先生を信用しきっていました。
しかし親戚のお兄さんに「病院変えたら」と何気なく言われ、目からウロコの思いでした。

 

街にある大学病院に行くと、今までのような方法論ではなく洗顔料に含まれる成分が自分に合っているかというところから話が始まり、その先生が使って効果があった石鹸を教えてもらったのです。

 

どうやら私は顔の油分が人より少なく、当時市販されていた洗顔料では必要な油分まで削ぎ落とし、乾燥してニキビを悪化させていたのです。

 

そして紹介して貰った石鹸というのが、その先生の家の近くで手作りしているおばあちゃんの石鹸でした。
今では低刺激の石鹸も数多く商品化されていますが、当時は正直「見た目も悪いしなんか嫌だな」と思いました。

 

しかし先生の言う事を信じ使ってみると、1週間ではっきりと実感できたのです。
そのおばあちゃんの石鹸が特別だった訳ではなく、言葉は悪いですが市販の石鹸よりも品質が悪い(汚れがとれない)石鹸だったのです。

 

結果的に私にとって肌を清潔に保つということは、あまり汚れの取れる洗顔料を使わないということでした。

 

「なんだ結局低刺激のものを使えということか」と思われるかもしれませんが、何が言いたいかと言うと結局ニキビも病気のようなもので、毎日病気と接している先生の情報力が一番頼りになり、色んな先生からたくさんの情報を貰うことが大事ということなんです。

 

今は症状も悪くないので病院には何年も行ってませんが、日々進歩している医療の世界ですから症状が改善されるまで一人でも多くの専門医に話を聞くことが最善のニキビ対策なのです。

私はほぼ顔を中心にニキビが出来てしまいました。
中学の二年くらいからニキビがひどかったので、ちょいちょいステロイドのある薬を皮膚科なんかに言って解決していました。
※ステロイドはお勧めしません。使用の際は医師に相談して下さい。

 

今となっては20になったのでほとんど消えてきたのですが、それでも大人ニキビといった形で再発しました。また中学二年のころと同じように、顔周りを中心に再発しました。
皮膚の油が詰まることが原因で発生するといわれているニキビが大人になってまた出てきました。

 

この時期に出るのはきついです。私自身男性であるため、男性ホルモンの関係があるのは分かりますが、それにしても大きく発生しました。そのホルモンバランスが崩れる生活をしていたのだということが、病院の診察でよくわかりました。

 

解決するにはまず、その習慣から見直さなければならないことを知りました。
その生活習慣の乱れとは具体的に何なのだろうか。

 

まず、皆さんが思いつくであろう睡眠不足です。
皮膚の回復する時間というのは22時から2時と言われています。この時間帯は必ず起きていました。しかし、今までこの時間内に寝ているときはそんなに発症していなかったことにも気づきました。なので、改善する一つの方法として、まずは睡眠時間の見直しはしましょう。

 

その他にはストレスです。
これは食生活の乱れからも感じていたのかもしれません。食べる時間をずらしたり、沢山ラーメン難度の炭水化物を偏りのある者ばかり摂取していたからということもあってものすごく悪化していたことにも気づきました。

 

ですので、ひごろのじぶんの生活習慣の見直しがニキビに対しての改善策となります。
そんな事ないといってそのままの生活習慣を頑固に続けていたとしたら、大人ニキビはしみになったりニキビ跡になったりしていたかもしれません。

 

ですので、最低限の生活習慣を守ることで解決していきましょう。
そうすることで顔の脂の蓄積によって赤みが出来ることもなくなります。

 

 

ニキビというと思春期にできるものというイメージがあるかと思いますが、大人になってもニキビに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
それだけではなく、大人のニキビの悩みにはニキビ跡も含まれている確率も高いです。

 

若い頃はニキビ跡などすぐに綺麗に消えていたのに、年齢を重ねるにつれてなかなか消えなくなってしまい、化粧などでニキビ跡を隠している人もいるのではないかと思います。

 

私も大人になって久しいですが、ニキビやニキビ跡の悩みは尽きません。
心なしか、若い頃よりもニキビができるようになった気がします。

 

ニキビができる原因はいくつかあると思いますが、ストレスなどの精神的なものや偏った食生活によるもの、甘いものやアルコールの摂り過ぎによるものなどが私には当てはまっています。

 

特に食べ物からの影響は露骨に出るようで、チョコレートを食べると翌日には必ずと言っていい程ニキビが表れます。
アルコールも飲み過ぎたと感じるくらいの量を摂取するとニキビができることがよくあります。

 

このように私の場合は原因がわかりやすいので、なるべくチョコレートを食べないようにしたり、アルコールをほどほどにするということが私の対処法です。

 

ストレスを減らすことはなかなか難しいですが、食生活は自分でコントロール出来るので同じように悩んでいる方は是非お試し下さい。

 

それでもニキビができてしまった時は、ハトムギ由来の化粧水をパッティングしています。
ハトムギ化粧水を使い始めてから何となくニキビが減った気がしています。
ニキビ跡にも効果があるようで、毎日ハトムギ化粧水を使い続けていたら跡が薄くなっていました。

 

最後に軟膏をニキビ跡に塗り込むと更に効果はアップすると思います。
基本的には摂生を心がけて、スキンケアを怠らない生活を続けることが、ニキビやニキビ跡をできにくくする近道なのではないかと私は考えています。
一日でも早くニキビが作られにくい肌になれるように対処して行きましょう。

生活している限り、ニキビには悩まされてしまいます。
特に一番綺麗な時期に出来る思春期ニキビは嫌で早く治したいって思います。

 

そのためには鏡を見て気付いたときから対策をすることです。
早く気付いて適切な対策をとれば出来てしまったとしても症状を軽くすることが出来ます。

 

思春期に出来る赤ニキビは皮脂分泌が活発で毛穴が詰まってしまうために起こります。
思春期は想像以上にお肌が活動的なため、出来やすいのです。

 

対策としては、あぶらとり紙でこまめに皮脂を取ってあげるようにします。
学生さんは、常にあぶらとり紙を持ち歩くようにしましょう。

 

あぶらとり紙といっても種類は様々で大きく分けると薄いペラペラなものと、フィルムになったものです。選ぶにあたり、ペラペラのほうはたくさん入って値段が安いのが特徴です。

 

それに対し、フィルムタイプは枚数が少ない分、値段が少し高い傾向にあります。
つい安い方を選んでしまいたくなりますが、薄い方は脂の吸収が悪く、紙が破れやすいです。
フィルムタイプは少ない枚数で皮脂を取ってくれるので優れています。
ですので、フィルムタイプを選ぶことをおすすめします。

 

そして、1日の洗顔も大切です。夜寝るときには必ず行うようにします。
泡立てネットで細かい泡をたててゴシゴシこすらずに優しく洗います。

 

皮脂分泌のことを考えて2回行いたくなるところですが、1回で十分です。
2回行うとかえって皮脂の取りすぎになります。つまり、過剰な洗顔ということです。

 

過剰な洗顔で必要な皮脂を取りすぎてしまうと、危険だと判断した皮膚は細菌や乾燥から守るために皮脂を分泌するようになります。すると、今まで以上にお肌が脂っぽくなり、ニキビが悪化します。

 

理想は水分と油分のバランスがいい状態です。この状態のとき、余分な皮脂を出す必要がないので、しっかりとケアを行えば良くなります。

 

では、水分と油分のバランスを良くするにはどうしたらいいのかというと、洗顔後に乳液と化粧水で保湿することです。化粧水はお肌に水分と栄養分を与える役割があり、乳液は水分が逃げないように保湿する役割があります。

 

洗顔後のこの作業は非常に大切なのでしっかりと行いましょう。